リフォーム、こんなふうに

MENU

いざというときのため 日本では

日本は世界でも有数の、地震が多い国です。
多くのプレートが集まっていることもあり、大規模な地震が発生する確率も依然、眠っています。
家屋にとって地震が最も危険な災害の一つであることは言うまでもありません。大きな地震が起きれば、最悪の場合倒壊し、大きな被害を発生させることがあるためです。
そして、近年には耐震基準が引き上げられ、法律面でも様々なフォローが行われるようになって来ています。
改築を御考えながら、耐震強化のことも考えるとよいでしょう。

 

特に注意

story8_1.jpg

建築基準法は、1981年に制定されました。これ以降の建築物に対しては、この法律によって制定された基準を」クリアすることが義務付けられています。
しかし、これ以前に建てられた住宅に対しては、これらの基準は手清須荒れません。そのため、耐震機能が劣っている場合が多くあります。

 

また、経年劣化といい、年を重ねるごとに徐々に耐震機能は定価していきます。
古い家は、特に地震に注意しなければなりません。

 

どこを直すか

story8_2.jpg

耐震工事において問題になるのは、まずは壁です。壁は横向きに動く力に対して抵抗しますが、これが弱いと途中で抵抗しきれずに崩れてしまいます。

 

また、床という基礎がしっかりしていないと、全体が一つのものとしてまとまりません。
そして、柱と梁などをつないでいる接合部が揺れで外れてしまうこともありえます。
これらを強化し、揺れに耐えられるような水準まで引き上げるのが、耐震リフォームの概要です。