リフォーム、こんなふうに

MENU

当然摩耗します 守ってくれている

家の外壁は、その中に住んでいる人たちを守ってくれている、大事な部分です。
もしも壁がなかったら、人は壁に晒されて体力を奪われ、雨が降れば水が入り込んできて備蓄してある食べ物を濡らしてしまいます。
また、虫も獣も入り放題で、植物の種が飛んできて家の中に根を張ってしまったり……。
というのは、ちょっと行き過ぎな仮定ですが、それほど多くのことから、外壁は暮らしている人を守ってくれているのです。

場所にあったもの

story3_1.jpg

外壁の素材には様々なものが使われていますが、やはり場所や用途によって、合っている素材とそうでないものがあります。

 

その素材は、セメントなどを高音で処理した窯業、スチールやアルミの金属、柔らかい印象を与える木製、プラスチックの樹脂など、様々なものがあります。

 

それぞれにデザインの印象が変わってくるのはもちろん、耐久性や断熱性など様々な性能を持っています。
なので、その家や土地に合ったものがあり、また工法によっても、これらの性能は大きく変わってきます。

 

より最適に

story3_2.jpg

そうは言っても、外壁は暮らしているだけで徐々にダメージが蓄積してきて、性能が失われていきます。
また、断熱性や遮音性といった、暮らしに深く関わる性能に欠如がある場合もあるでしょう。

 

リフォームによって、その家にもっと合った外壁に取り替えることができます。
また、外見のデザインを変えたいという場合も、対応することができます。
理想としては、見た目も素敵になって、性能も向上すれば素敵ですよね。