リフォーム、こんなふうに

MENU

誇るべき技術 技術

ここからは、多少、技術的な話になってきます。

 

つまり、面積や間取りではなく、技術によって暮らしを楽にするリフォーム技術です。増改築ほどに大きな工事ではない場合もあります。

 

まず、紹介するのは断熱構造。家の中の気温が家の外に逃げてかないようにするということです。逆に、外の気温が入って来づらいということでもあります。

 

これによって、夏は外よりも涼しく、冬は温かい、非常に暮らしよい家を実現することができるのです。

 

内装材

story7_1.jpg

外と中の熱の移動はどこで行われているかがわかれば、それを断ち切ることで、熱の交換を防ぐことができるでしょう。
それが行われているのは、外と中を区切る場所。つまり床や壁、天井です。
家の中にいると「底冷えする」という感覚が感じられることがあると思います。これは、床から熱が逃げていくために足元がなかなか温まらないことが原因です。
また、家の壁に断熱効果が薄いと、あっという間に熱交換がされて、家の温度が変化していってしまいます。

 

窓ガラス

story7_2.jpg

とはいえ、壁はある程度の厚みがあり、そうそうすぐには熱を逃がしません。
最も多く熱交換が行われているのは、家の窓ガラスです。ガラスは薄く、また熱を通しやすい用にできています。
そのため、特に大きな窓からはどんどん熱が逃げ出したり入り込んだりしてきます。
これは、リフォームを行い、真空やフィルタを挟み込んだガラスを使用することによって、かなり防ぐことができます。
壁や床、ガラスを見なおして、涼しく温かい、暮らし良い空間を実現しましょう。