リフォーム、こんなふうに

MENU

昔からの定番 扱い

法律上、雨漏りについては、建築してから10年以内ならば住宅販売会社に保証義務があります。
しかし、それ以前に建てられた住宅や、10年を過ぎてしまった住宅の場合は、その保証は効きませんので、自己責任で修繕しなければなりません。
と言っても、自力で修繕をするというのはやはり大変ですし、下手なことをするとますます状況を悪化させるかも知れません。

ですから、普通は工務店に依頼をし、修繕してもらいます。
昔からよく行われてきたリフォームですね。

 

ほうっておくと

story2_1.jpg

雨漏りが一度発生してしまうと、それはすでに天井からの水の通り道ができてしまっているということを示しています。

 

また、原因を特定するのは極めて難しく、素人判断では、穴を塞いだように思えてもまた再び浸入路が復活することができます。

 

 

これを放置しておくと、進入路周りに水が侵入し、木材を腐らせたり、金属を錆びさせたり、石材を溶かしてしまったりします。

 

水が入ってくるということは、その住宅の寿命さえ削られてしまっている状況なのです。

 

どこを直すか

story2_2.jpg

雨水がどこから家の中に入り込んでくるかというと、その多くは外壁から、という場合が多いようです。
現在は土地が不足してきたこともあり、軒先が短いので外壁に直接雨水があたってしまう構造になっている場合が多いようです。
結果、外壁が水によってダメージを受けて侵入することが多くなりました。

 

屋根からの雨漏りは、屋根作りの技術が進化したことにより、数自体はかなり減ってきているようです。
それでも、形状などが原因で浸水サれることがあります。