リフォーム、こんなふうに

MENU

一口に言っても、何ができる? 言葉の意味

リフォーム、というのは、和製英語です。
英語にもreformという言葉があるにはあるのですが、「住宅を改築する」というような意味では使われず、おおまかに「作りなおす」ぐらいの意味です。

 

 

工務店などの業者に依頼をし、どのようにしたいかを伝えたり、業者からの提案を受けて、家の様子を変えるというのがおおまかな流れになりますね。
これらの作業は熟練の技と家に合わせた部品が必要になるので、比較的効果になりがちです。

 

そうは言っても

story1_1.jpg

しかし、今積極的にリフォームをしようと考えているわけではない、という人がほとんどでしょう。
人間は慣れる生物ですから、多少住宅に不満があっても、それになんとか適応してしまうことができます。

 

しかし、考えてみてください。不満がある部分をほうっておいても、悪化することはあっても、改善することはまずありません。

 

また、リフォームはお金がかかるとはいえ、長期的には改築するよりさらにコストが掛かってしまうものを放置してしまっている場合もありえます。

 

例えば

story1_2.jpg

雨漏りすると言おうことは屋根に穴が開いているかも知れません。見ずに侵食されて、さらに穴が広がってしまうかも知れません。

 

また、夏は暑く、冬は寒い部屋は、断熱がうまくいっていない確率が高いでしょう。
それなら、ガラスの交換で、案外簡単に改善できるかも知れません。冷暖房代を考えれば、早くリフォームしたほうが安上がりかも。

 

しかし、工務店でどんなことをしてもらえるかわからないという場合もあるでしょう。
そこで、ここでは、リフォームでどんなことができるかを紹介していきます。

 

お役立ちサイトのご紹介

 

ラクスル|デザイン・印刷・配達までチラシや名刺を注文⇒ラクスル 印刷.JP

 

カテエネ登録で電気代が節約に【キャンペーン情報でお得】⇒カテエネ 登録.JP

更新履歴